【簡単】ヘバーデン結節のテーピング方法

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

・指が痛くて家事するのが辛い・・・

・少しでも指が楽になる方法はないかな?

指先は何をするにも使いますので、ヘバーデン結節の痛みとどう付き合いながら、日々の仕事をしていくかは大事な問題ですよね。

そこで、名古屋市でヘバーデン結節専門のみのり整体で延べ3000人以上のヘバーデン結節患者さんと向き合ってきた私が、実際に患者さんと試行錯誤して、一番効果のあったものをご紹介します。

前提として大事なこと

ヘバーデン結節のテーピングは、あくまでも一時的に痛みを感じづらくするものであり、決して回復するためのものではありません。

・洗い物でいつも指先に痛みが走る

・お仕事でどうしても手を使わなくてはならない

そういった場合には有効ですので、ぜひうまく活用してください。

最適な方法とは

結論から申しますと、普通のセロハンテープを2~3周くるくる巻くだけです。

え!そんなんでいいの?

と思った方も、多くいらっしゃると思います。

しかし、実際に多くのヘバーデン結節患者さんにいろんな商品を試してもらった結果、この結論になりました。

なぜ、セロハンテープが良いのか?

ヘバーデン結節を保護するものとして、テーピングとサポーターがあります。

そのなかでも、サポーターはあまりおすすめできません。

なぜなら、サポーターは人それぞれ指の変形具合や太さが違うので、人によって合う合わないが出てきます。

また、もし仮にはじめは心地よかったとしても、変形が進むにつれ、合わなくなってしまうことがあるからです。

ではヘバーデン結節用のテーピングはどうか?ということなのですが、もちろん、これは良いものもありますが、毎日使うものなので、できるだけ安いほうが良いと思います。

そう考えたときに、セロハンテープは

・100均で手軽に買える

・水仕事をしても大丈夫

・粘着力がそれほど強くないので、かぶれない

・自分の巻き方で締め具合を調整できる

というメリットがあります。

例えば、水仕事をして、すぐに外出するという予定の場合、ヘバーデン結節用テーピングだともったいない気がしますが、セロハンテープなら気兼ねなく使えます。

まとめ

ヘバーデン結節は、毎日使う指先の問題ですから、

・できるだけお金をかけず

・気兼ねなく使えて

・痛みを軽減できる

セロハンテープをぜひご活用ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました